入試情報(2017年10月8日更新)

【他大学等から修士課程を受験し「繊維学部機械・ロボット学科」の研究室にて研究活動を行うことを考えている皆様へ】

繊維学部機械・ロボット学科には2つのコースがあり、機能機械学コースは大学院「繊維学専攻機械・ロボット学分野」に、 バイオエンジニアリングコース(西川・岩本研究室はこちら)は大学院「生命医工学専攻・生体医工学分野」に接続しています。

「西川・岩本研究室」での研究活動を希望される方は、

をチェックしてください!!

以下に、ポイント(詳細なリンク先と重要なこと)をまとめました。

大学院修士課程学生として西川・岩本研究室での研究活動を希望される皆様へ

信州大学大学院総合理工学研究科生命医工学専攻の 2018年度4月入学および2017年度10月入学の学生募集要項が公開されています(2017.5.1より順次公開)。

大学院博士課程学生として西川・岩本研究室での研究活動を希望される皆様へ

2017年10月より本学HPに信州大学大学院総合医理工学研究科の設置ならびに2018年度4月および10月入学の入試情報が公開されています。 信州大学は、新しい時代に対応した博士人材の養成を目指し、大学院博士課程の「医学系研究科」と「総合工学系研究科」を統合再編し、新たに「総合医理工学研究科」を2018年4月に設置します。 総合医理工学研究科には、これまで両研究科がそれぞれ3専攻と5専攻に細分化されていたものを、「医学系専攻」、「総合理工学専攻」の2専攻に加えて、理学・工学・農学・繊維学と医学との連携による「生命医工学専攻」を設置し、3専攻に再編します。 西川・岩本研究室は「生命医工学専攻生体医工学分野(3年制コース)」の博士課程学生を主に研究指導します。

  • 重要なことその1: 2018年4月または10月より、博士課程学生として「西川・岩本研究室」での研究活動を希望される方は、

    をチェックしてください!!
    【出願期間:2017年12月5日〜 2017年12月13日(一般選抜・社会人特別選抜)】

  • 重要なことその2:西川教授に必ず事前に相談の上、出願してください。

大学院博士課程教育リーディングプログラム履修生として西川・岩本研究室での研究活動を希望される皆様へ

信州大学繊維学部リーディング大学院WWWの「募集要項」のページにおいて、 2018年度4月入学「博士課程リーディングプログラム履修生募集要項」が公開されています(2017.5.11より公開)。

学部4年生の研究室配属について

信州大学繊維学部機械・ロボット学系バイオエンジニアリング課程の学生(4年生)は、 毎年4月上旬(2017年度4年生の場合4月3日(月)でした)に行われる研究室配属最終調整会にて希望研究室の調査を行い配属先の研究室が即日決定されます。

↑ ページの上部へ

入試情報

西川・岩本研を希望する学生さん向けの入試情報を随時紹介していきます。
[最終更新:2017.10.8]

西川・岩本研学生所属の基本情報

西川・岩本研の学生は以下の組織のいずれかに所属しています(今後の予定やOB・OGの所属も含む)。
2012年度(平成24年度)に学部の再編と修士の改組、2016年度(平成28年度)に学部と修士の同時改組が行われたため、 そして、さらに、2018年度(平成30年度)には博士課程も改組されるため、学生の所属組織が多岐にわたっています。

  • 【学部4年生】
  • ・信州大学繊維学部 機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコース(2016年度以降の学部入学生および2018年度以降の3年次編入生)
  • ・信州大学繊維学部 機械・ロボット学系 バイオエンジニアリング課程(2012-2015年度学部入学生および2014-2017年度3年次編入学生)
  • ・信州大学繊維学部 応用生物学系 バイオエンジニアリング課程(2008-2011年度学部入学生および2010-2013年度3年次編入学生)
  • 【大学院修士課程学生】
  • ・信州大学大学院総合理工学研究科 生命医工学専攻 生体医工学分野【上田キャンパス】(2016年度以降の修士入学生)
  • ・信州大学大学院理工学系研究科 機械・ロボット学専攻(2012-2015年度修士入学生)
  • 【大学院博士課程学生】
  • ・信州大学大学院総合医理工学研究科 生命医工学専攻 生体医工学分野(3年制コース)(2018年度以降の博士入学生)
  • ・信州大学大学院総合工学系研究科 生命機能・ファイバー工学専攻 感性生産システム工学部門(2017年度までの博士入学生)
  • 【修士・博士5年一貫教育プログラム履修生】
  • ・信州大学繊維学部リーディング大学院「ファイバールネッサンスを先導するグローバルリーダーの養成」